【SEO対策】Google BARDの活用方法を徹底解説!

AI

Googleが開発した生成AI「Google BARD」。
テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる便利なツールです。

しかし、Google BARDを活用するには、その特長や使い方を理解しておくことが大切です。

この記事では、Google BARDの活用方法を徹底解説します。

2023年10月時点の最新情報を盛り込んでいますので、Google BARDの活用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1. 生成AIとは何か?

生成AIとは、テキスト、コード、画像、音声などのクリエイティブなコンテンツを生成できるAIです。

近年、ディープラーニング技術の進歩により、生成AIの精度が飛躍的に向上しています。
生成AIは、さまざまな分野で活用されています。

例えば、

  • コンテンツ制作:記事やブログ、広告などのコンテンツを生成
  • カスタマーサポート:顧客からの問い合わせに応答するチャットボットを生成
  • 教育:教材や問題集を生成
  • 研究開発:新しいアイデアや製品を生成
  • 個人的なタスク:メールや手紙の作成、スケジュールの管理など

こうした情報を分かりやすく回答してくれるツールになります。

2. Google BARDの特長

Google BARDは、Googleが開発した生成AIです。

Google検索の膨大なデータセットを学習しており、テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる便利なツールです。

Google BARDの特長は、大きく分けて以下の3つです。

  • 言語モデル:Google検索のデータセットを学習しており、自然な言語を生成できる
  • 汎用性:テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる
  • 使いやすさ:Google検索と同様、シンプルな操作で利用できる

GmailなどGoogleが提供している他サービスとも連携できるようになってきていますので、便利なツールになっていくでしょう。

2-1. 言語モデル

Google BARDは、Google検索のデータセットを学習しており、自然な言語を生成することができます。
これは、Google検索でユーザーが入力するクエリや、検索結果に表示されるコンテンツを学習しているためです。

そのため、Google BARDで生成されたテキストは、人間が書いたものと見分けがつかないほど自然です。

2-2. 汎用性

Google BARDは、テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる汎用的なツールです。

これにより、さまざまな分野や用途に活用することができます。

3. ChatGPTとの違い

Google BARDとよく比較される生成AIが、OpenAIが開発したChatGPTです。

ChatGPTも、Google BARDと同様に、テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる便利なツールです。

Google BARDとChatGPTの違いは、大きく分けて以下の2つです。

  • 言語モデル:Google BARDはGoogle検索のデータセットを学習しており、自然な言語を生成できる。ChatGPTはテキストとコードのデータセットを学習しており、より創造的なテキストを生成できる
  • 汎用性:Google BARDはテキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる。ChatGPTはテキストの生成に特化している

ChatGPTでは、最新の情報を答えてくれません。これは2021年9月までの情報のためです。BARDではネット上の情報を取得してくれるため最新情報を教えてくれます。

Bard ChatGPT
開発元 Google OpenAI
リリース日 2023年3月21日 2022年11月30日
料金 無料 無料プラン
20ドル/月の有料プラン

4. Google BARDが発表された背景

Google BARDは、2023年4月に発表されました。

Googleは、Google検索やGoogleアシスタントなど、さまざまなサービスでAIを活用しています。
しかし、AIを活用したサービスは、ユーザーにとって使いづらいものや、偏った情報を提供するものも少なくありません。

Google BARDは、このような課題を解決するために開発されました。

Google BARDは、自然な言語で情報を提供することができ、ユーザーのニーズをより正確に理解することができます。

5. Google BARDの使い方

Google BARDは、アカウントがあればすぐに使うことができます。

BARDの使い方につきましては別記事をご確認ください。

合わせて読みたい!

 

6. Google BARDの活用方法5選

Google BARDは、さまざまな分野で活用することができます。

ここでは、Google BARDの活用方法を5つご紹介します。

6-1. 記事やブログ、広告などのコンテンツを生成

Google BARDは、テキストやコードの生成機能を活用して、さまざまなコンテンツを生成することができます。

たとえば、ブログ記事やWebサイトのコンテンツ、広告のコピーなど、さまざまなコンテンツを自動生成することができます。

これにより、コンテンツ制作にかかる時間を大幅に削減することができます。

6-2. 顧客からの問い合わせに応答するチャットボットを生成

Google BARDは、自然な言語でのテキスト生成機能を活用して、顧客からの問い合わせに応答するチャットボットを生成することができます。

これにより、カスタマーサポートの対応を効率化することができます。

6-3. 教材や問題集を生成

Google BARDは、テキストやコードの生成機能を活用して、教材や問題集を生成することができます。

たとえば、オンライン講座の教材や、プログラミングの問題集など、さまざまな教材や問題集を自動生成することができます。

これにより、教育の質を向上させることができます。

6-4. 新しいアイデアや製品を生成

Google BARDは、テキストやコードの生成機能を活用して、新しいアイデアや製品を生成することができます。

たとえば、新商品のアイデアや、新しいサービスのコンセプトなど、さまざまなアイデアや製品を自動生成することができます。

これにより、研究開発の効率化を図ることができます。

6-5. メールや手紙の作成、スケジュールの管理など

Google BARDは、テキストやコードの生成機能を活用して、個人的なタスクを自動化することができます。

たとえば、メールや手紙の作成、スケジュールの管理など、さまざまなタスクを自動化することができます。

これにより、個人的な時間を有効活用することができます。

7. Google BARDを利用する時の注意点

Google BARDを利用する際には、いくつかの注意点があります。

Google BARDは、テキストやコードの生成を支援するツールです。
そのため、BARDが生成したテキストやコードは、必ずしも正確なものではありません。

Google BARDは、偏った情報を生成する可能性やデータは常に最新のものでもありません。

また、質問内容は一定期間で保存されますので、個人情報などを入力した質問はおこなわないようにしましょう。

Google BARDを利用する場合、これらの注意点を十分に理解しておくことが必要です。

8. Google BARDの今後

Google BARDは、2023年8月に発表されたばかりの新しいサービスです。
今後、Google BARDは、さらに進化していくことが期待されています。

Google BARDの今後の進化としては、以下のようなものが考えられます。

8-1. 生成精度の向上

Google BARDの生成精度は、今後も向上していくことが期待されています。

より自然で正確なテキストやコードを生成できるようになるでしょう。

8-2. 対応言語の拡大

Google BARDは、現在、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語の7言語に対応しています。

今後、対応言語が拡大していくことが期待されています。

8-3. さまざまな機能の追加

Google BARDは、現在、テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまな機能を提供しています。今後、さまざまな機能が追加されていくでしょう。

たとえば、画像や音声の生成、音楽の作成など、新しい機能が追加される可能性があります。

Google BARDは、今後もさまざまな分野で活用されていく、非常に可能性のあるサービスです。

まとめ

Google BARDは、Googleが開発した生成AIです。

テキストやコードの生成、言語の翻訳、質問への回答など、さまざまなことができる便利なツールです。

Google BARDを活用することで、コンテンツ制作の効率化、カスタマーサポートの高度化、教育の質向上など、さまざまなメリットを得ることができます。

Google BARDを利用する際には、いくつかの注意点があることを十分に理解しておくことが大切ですが、今後のGoogle BARDの活躍に注目です。

関連記事

  1. Bardの活用方法

    Google Bardの活用方法5選!ビジネスで使う方法とテンプレート…

  2. ChatGPTで記事作成

    ブレイキングダウンのステップバイステップガイド:大きなプロジェクトも簡…

  3. BardとGPTを比較

    BardとChatGPTを使って徹底比較してみた結果

  4. 自動で記事作成

    ChatGPTを使って無料で記事作成してみた結果

  5. スノーボード

    スノーボードとは?歴史や種類、基本的なテクニックから安全対策まで徹底解…

  6. Bardで記事作成

    ブレイキングダウン:YouTubeで大注目の格闘技イベント

最近の記事

  1. ホームページは意味ない
  2. アフィリエイトで稼ぐ
  3. WordPressで不正ログイン
  4. 格安ホームページの裏側を暴露
  5. ホームページって必要

制作実績一覧

  1. 山梨県にある行政書士事務所マスターオブライフ山梨
  2. 保育園の動画制作
  3. RVパークのホームページ制作
  4. アイリストサロンのホームページ制作
  5. ガソリンスタンドのホームページ制作
  6. 香水ショップのホームページ制作
  7. 林業のホームページ制作
  8. 高校紹介のホームページ制作
  9. 保育園のホームページ制作
LINE登録