SEO対策しても意味がない?ムダだった方法と成果に繋がった方法を解説

意味がなかったSEO対策をホームページ制作業者が紹介

SEO対策とは、検索エンジンの検索結果で上位表示を狙うための施策のことです。

ブログやホームページを運営する上で、SEO対策は重要な要素の一つですが、中には「SEO対策をしても意味がない」と感じている人もいるのではないでしょうか。

  • SEO対策しても順位アップしない
  • もっとキーワード検索でヒットさせたい

この記事では、SEO対策は意味がないと感じている人に向けて、成果に繋がる方法とムダな方法について解説します。また、ノウハウ豊富な専門業者に依頼することをオススメする理由もご紹介します。

1. SEO対策とは?

SEO対策とは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、検索エンジンの検索結果で上位表示を狙うための施策のことです。

検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードに関連するページを、検索結果に表示します。SEO対策を行うことで、自分のサイトを検索結果の上位に表示させることができ、ユーザーからのアクセスを増やすことができます。特に人気キーワードで1位から3位に表示されるとアクセス数は増えていきます。

SEO対策には、大きく分けて以下の2つの種類があります。

  • 内部対策:サイト内の構造やコンテンツの質を改善する
  • 外部対策:他のサイトから自分のサイトへのリンクを取得する

本記事では、内部対策を中心に解説していきます。

2. SEO対策しても意味がない?

SEO対策してみても意味がない

結論から言うと、SEO対策を正しく行えば、アクセスアップに繋がります。

しかし、間違った方法でSEO対策を行うと、逆効果になってしまうことも少なくありません。SEO対策が意味がないと感じている人の中には、以下のような理由が挙げられます。

  • 時間や手間をかけたのに、成果が出なかった
  • 他のサイトと差別化ができていない
  • 競合のライバルサイトのSEO対策が強すぎる

2-1. 時間や手間をかけたのに、成果が出なかった

例えば、キーワードを詰め込んだり、内容に関係のない情報を盛り込んだりして、コンテンツのボリュームを増やすような対策は、検索エンジンからの評価を上げようとする意図がありますが、ユーザーにとって有益ではないため、一時的に検索結果の上位に表示されたとしても、すぐに順位が下がってしまいます。

また、コンテンツの質を無視した対策も、同様に成果が出ない原因となります。ユーザーにとって有益ではないコンテンツを作成しても、検索エンジンからの評価は上がりません。

そして、ユーザーの検索意図を理解せずにコンテンツを作成したり、検索エンジンの評価基準を理解せずに対策を打ったりすると、いくら時間や手間をかけても、成果が出ない可能性があります。

2-2. 他のサイトと差別化ができていない

SEO対策で成果が出なかった場合、他のサイトと差別化ができていないことも原因として考えられます。

例えば、同じキーワードで検索結果の上位に表示されるために、他のサイトと同じようなコンテンツを作成しても、差別化ができず、上位に表示される可能性は低くなります。

また、コンテンツの質やユーザーの満足度が他のサイトと比べて劣っている場合も、差別化ができず、成果が出ない可能性があります。SEO対策で成果を出すためには、他のサイトと差別化できるコンテンツ、そして、独自性のあるコンテンツを作成することが重要です。

2-3. 競合のライバルサイトのSEO対策が強すぎる

SEO対策で成果が出なかった場合、競合のライバルサイトのSEO対策が強すぎることも原因として考えられます。

例えば、競合サイトがコンテンツの質や量、内部リンク、外部リンクなど、SEO対策のあらゆる面で優れている場合、自社サイトが上位に表示される可能性は低くなります。

また、競合サイトが検索エンジンの評価基準を深く理解し、それに合わせて対策を打っている場合も、自社サイトが太刀打ちできない可能性があります。

SEO対策で成果を出すためには、競合サイトのSEO対策を調査・分析し、その対策を上回る対策を打つことが重要です。

3. ムダだったSEO対策

意味がないSEO対策とは

SEO対策には、効果的な方法とムダな方法があります。

2012年の開業から現在まで、様々なSEO対策をおこなってきましたが、中にはムダだったSEO対策がありました。
そこで、実際に試みたもののムダだったSEO対策をご紹介します。

  • キーワードの詰め込み
  • 内部リンクの乱用
  • 外部リンクの無意味な取得
  • 無意味な長文

ムダなSEO対策1. キーワードの詰め込み

先ほどもお伝えしましたが、キーワードの詰め込みは、検索エンジンからの評価を下げる原因となります。なぜなら、キーワードの詰め込みは、ユーザーにとって有益なコンテンツではないと判断されるからです。

例え話で説明すると、キーワードの詰め込みは、料理にスパイスをたくさん入れすぎるようなものです。スパイスをたくさん入れすぎると、料理の味がわからなくなってしまうように、キーワードをたくさん入れすぎると、コンテンツの内容がわからなくなってしまうのです。

検索エンジンからの評価を下げると、検索結果の上位に表示されにくくなります。また、ユーザーの満足度を下げると、サイトの離脱率が高くなり、SEO対策の効果が薄れてしまいます。

キーワードの詰め込みを避けるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • キーワードを自然な形で使用する
  • コンテンツの内容を重視する

キーワードを自然な形で使用することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することができます。また、伝えたい内容を1つの記事に詰め込むのでななく、1つのキーワードに沿ってコンテンツの内容を重視することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

具体的には、以下の方法があります。

  • キーワードをタイトルや見出しに入れる
  • キーワードを本文に適切に散りばめる
  • キーワードの関連語も含める

これらの方法を意識することで、キーワードを自然な形で使用することができます。

ムダな対策2. 内部リンクの乱用

内部リンクの乱用は、検索エンジンからの評価を下げる原因となります。なぜなら、内部リンクの乱用は、ユーザーにとって有益なコンテンツではないと判断されるからです。

例え話で説明すると、内部リンクの乱用は、料理に食材をたくさん入れすぎるようなものです。食材をたくさん入れすぎると、料理の味がわからなくなってしまうように、内部リンクをたくさん入れすぎると、コンテンツの内容がわからなくなってしまうのです。

内部リンクの乱用は、以下の2つの理由でムダになります。

  • 検索エンジンからの評価を下げる
  • ユーザーの満足度を下げる

検索エンジンからの評価を下げると、検索結果の上位に表示されにくくなります。また、ユーザーの満足度を下げると、サイトの離脱率が高くなり、SEO対策の効果が薄れてしまいます。

内部リンクを利用する際には、コンテンツの内容に関連する内部リンクを適切な数だけ貼るようにしましょう。

ムダな対策3. 外部リンクの無意味な取得

外部リンクの無意味な取得は、検索エンジンからの評価を下げる原因となります。なぜなら、外部リンクの無意味な取得は、ユーザーにとって有益なコンテンツではないと判断されるからです。

類似サイトや関連サイトにリンク設置することは大切なポイントですが、無関係なサイトにリンク設置しても検索エンジンにとってもユーザーにとっても意味がありません。外部リンクの無意味な取得を避けるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 質の高いサイトからリンクを取得する
  • 関連性のあるサイトからリンクを取得する

質の高いサイトからリンクを取得することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。また、関連性のあるサイトからリンクを取得することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することができます。

また、外部リンクは、ユーザーの信頼を得るためにも有効です。質の高いサイトからリンクを取得することで、ユーザーは、サイトの信頼性を感じることができます。

外部リンクを利用する際には、質の高いサイトから、関連性のあるサイトから、適切な数だけリンクを取得するようにしましょう。

具体的な例としては、以下のようなリンク取得は、ムダになる可能性があります。

  • 無償でリンクを交換する
  • 不自然な形でリンクを挿入する
  • リンク先のコンテンツと関連性のないリンクを取得する

これらのリンク取得は、ユーザーにとって有益なコンテンツではないと判断されるため、検索エンジンからの評価を下げる可能性があります。

ムダな対策4. 無意味な長文

内容に関係のない情報を盛り込んだりして、コンテンツのボリュームを増やす対策は、検索エンジンからの評価を上げようとする意図がありますが、ユーザーにとって有益ではないため、一時的に検索結果の上位に表示されても、すぐに順位が下がってしまいます。

例え話で説明すると、無意味な長文は、料理に不要な材料をたくさん入れて、かさ増ししたようなものです。見た目は大きくても、中身がスカスカだと、誰も食べたいとは思いません。

無意味な長文は、以下の2つの理由でムダになります。

  • 検索エンジンからの評価が下がる
  • ユーザーの満足度が下がる

検索エンジンからの評価が下がると、検索結果の上位に表示されにくくなります。また、ユーザーの満足度が下がると、サイトの離脱率が高くなり、SEO対策の効果が薄れてしまいます。

無意味な長文を避けるために、以下のポイントを意識しましょう。

  • コンテンツの内容を重視する
  • ユーザーの検索意図を理解する

コンテンツの内容を重視することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することができます。また、ユーザーの検索意図を理解することで、ユーザーが求めている情報を提供できるコンテンツを作成することができます。

4. 成果に繋がった正しいSEO対策

SEO対策でアクセス増えた方法

SEO対策で成果を出すためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

  1. ユーザーの検索意図を理解する
  2. 有益なコンテンツを作る
  3. 継続的にコンテンツを更新する

4-1. ユーザーの検索意図を理解する

ユーザーの検索意図を理解するためには、ターゲットとなるユーザーを明確にすることが大切です。ターゲットユーザーは、どのような年齢層で、どのような興味や関心を持っているのでしょうか。

ターゲットユーザーを明確にしたら、次にユーザーが検索するキーワードを調査します。ユーザーが検索するキーワードは、ユーザーの検索意図を反映しています。

例えば、「ダイエット」というキーワードで検索すると、以下のような検索結果が表示されます。

  • ダイエットの方法
  • ダイエットの食事
  • ダイエットの運動

これらの検索結果は、ユーザーが「ダイエットの方法を知りたい」「ダイエットの食事で何を食べればいいのか知りたい」「ダイエットの運動で何をすればいいのか知りたい」という検索意図を持っていることを示しています。

このように、ユーザーの検索意図を理解することで、ユーザーが求めている情報を提供できるコンテンツを作ることができます。

このダイエットの場合では、「ダイエット」について記事作成するのではなく、「自宅でできる効果的なダイエットの食事」というように詳細な検索意図を考えてコンテンツ作成することが大切なポイントになります。

4-2. 有益なコンテンツを作る

正確で最新の情報を提供することで、ユーザーの信頼を得ることができます。また、わかりやすく簡潔に伝えることで、ユーザーが理解しやすくなります。

例え話で説明すると、有益なコンテンツは、迷子になった人が道を尋ねたときに、目的地にたどり着くことができる「道しるべ」のようなものです。道しるべが正確で最新の情報に基づいていると、迷子の人が目的地にたどり着く可能性が高くなります。

また、道しるべがわかりやすく簡潔に書かれていれば、迷子の人が道を迷う可能性が低くなります。

このようにSEO対策で成果を出すためには、ユーザーの課題や悩みを解決できる、有益なコンテンツを作ることが重要です。

具体的には、以下のポイントを意識してコンテンツを作成しましょう。

  • ターゲットユーザーの課題や悩みを把握する
  • 正確で最新の情報を提供するために、信頼できる情報を参考にする
  • わかりやすく簡潔に伝えるために、文章を読みやすくする
  • ユーザーの興味を引くために、タイトルや見出しを工夫する

これらのポイントを意識することで、ユーザーの役に立つコンテンツを作ることができます。

合わせて読みたい!

4-3. 継続的にコンテンツを更新する

検索エンジンは、サイトの更新頻度を評価する基準の一つとしています。そのため、継続的にコンテンツを更新することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

また、継続的にコンテンツを更新することで、ユーザーの興味を引くことができます。新しいコンテンツが公開されると、ユーザーはサイトを訪れる可能性が高くなります。

例え話で説明すると、継続的にコンテンツを更新することは、新刊書を定期的に発売する書店のようなものです。新刊書が発売されると、ユーザーは書店に足を運ぶ可能性が高くなります。

SEO対策で成果を出すためには、継続的にコンテンツを更新し、ユーザーの興味を引くようなコンテンツを公開することが重要です。

5. まとめ

SEO対策は、正しく行えば、アクセスアップに繋がる有効な施策です。

しかし、間違った方法でSEO対策を行うと、逆効果になってしまうことも少なくありません。

SEO対策で成果を出すためには、ユーザーの検索意図を理解し、有益なコンテンツを継続的に更新することが重要で、専門的な知識と経験が必要です。そのため、自分で行うのが難しい場合は、ノウハウ豊富な専門業者に依頼することをオススメします。

専門業者に依頼するメリットは、以下の2つが挙げられます。

  • 成果を出すための最適な対策を提案してくれる
  • 継続的なサポートを受けることができる

SEO対策は、短期的な施策ではなく、継続的な取り組みが必要です。そのため、専門業者に依頼することで、成果を出すための最適な対策を提案してもらい、継続的なサポートを受けることができるのは大きなメリットになります。

この記事を書いた人

遠藤 晃太(えんどう こうた)

山梨県を拠点としているディープラスの代表、遠藤です。
Webに興味を持ち、制作技術や集客方法を習得。これまで大手サイト制作などの経験あります。
サイトから集客獲得して副業から本業に変更した事業者様やスタッフ増員された事業者様がいます。

・2012年8月、ディープラス立ち上げ
・「渋谷 美容室」「(地域名)動物病院 」など、Google検索で10位以内にランクイン
・趣味はスノーボードや車中泊

サイト訪問者にとって最善のご提案をします。
他社に勝てるホームページ制作はもちろん、Web広告、SNS運用についてもご相談ください。

お問い合わせフォーム LINEで相談してみる

関連記事

  1. 更新頻度

    ホームページは更新しなければ意味がありません!その理由とは?

  2. YouTube動画のSEO対策やホームページ制作

    YouTubeのSEO対策!動画投稿者が必ず知っておきたい基礎知識

  3. ホームページ集客

    ホームページ集客が増えるかも?ターゲットの考え方について解説

  4. 集客にはコンテンツ

    ホームページ制作をしたら良質なコンテンツ作成をしよう

  5. サイト集客の成功例

    ホームページのアクセスアップに成功した実例!集客アップの秘訣とは?

  6. 山梨のホームページ集客

    売上5倍!?集客につながりやすい4つの対策とポイント

WordPressの保守専用サイト

最近の記事

  1. 動画生成AI
  2. コンピューターウイルス作成
  3. ホームページを削除

制作実績一覧

  1. 山梨県にある行政書士事務所マスターオブライフ山梨
  2. 保育園の動画制作
  3. RVパークのホームページ制作
  4. アイリストサロンのホームページ制作
  5. ガソリンスタンドのホームページ制作
  6. 香水ショップのホームページ制作
  7. 林業のホームページ制作
LINE登録