対面で売れないものを視点を変えてネットで売れるように工夫しよう

ネット販売

いつの時代もヒットする商品のほとんどが、リアルな世界で広まっていきます。
リアルな世界で売れた段階で、ネットショッピングへと広がり、ネットでなら簡単に買えて便利だからと、ネットで売れる割合が増していくという流れです。

リアルで売れない品はネットでも売れないと言われる理由は、人気がある理由やその良さがリアルで実感できない品物が、手に取って商品の内容をその場で確認することがより難しいネットでは、さらに難しいからでしょう。
これが、リアルで売れないものはネットでは売れないと言われる根拠と考えられます。

売り買いは対面で行うのが基本だけれど

リアルな世界では、品物の売り買いは販売する側と購入する側が対面して行います。
中には、ネットではどのような商品なのかがよく分からないため、店員に質問しながら買えることから、絶対にリアルでなければと考える人は、インターネットショッピングサイトがこれほどたくさんできている今もかなりの割合で存在します。

リアルで売れないものをネットで売るにはどうしたらいいか

対面で売れないものは、たとえネットで売ったとしてもほぼ売れることはありません。

その理由として考えられるのは、そもそも商品に魅力がないか、あるいは売り方に問題があるかです。
リアルで売るにしてもネットで売るにしても、商品の説明や特徴を伝えるだけでは、お客さんが買いたいという気にはまずならないでしょう。

なぜなら、その商品にどのような魅力があるかを伝えられていないからです。
そこに気づくことができたら、売れないからと商品を引き上げるのではなく、売れるにはどのような売り方をすればいいのだろうかという考え方をすることができるでしょう。
ここで商品の魅力が伝わるような売り方ができれば、対面で販売する場合はもちろん、ネットで売ったとしても、これまでの売れないものが一変し、売れるものに変わる可能性は十分にあります。

売り方を変えるとはどういうことか

売れないものを売れるものに変えるには、まずは魅力を作る必要があります。
例えば、品物にある種のステータスシンボルを持たせることができれば、おそらくあっという間に売れる品に変わるでしょう。

ステータスシンボルを作ることは容易ではありませんが、たとえばアパレル商品であれば、有名人が着ているとか、小物類も同様に人気のある人が使っているという点を強調して売ることで、「あの人と関係ある品なのか」という関心を持ってもらうことができます。

影響力のある人であればあるほど、今まで売れなかったのがウソのように、飛ぶように売れていくはずです。
ただし、安さを追求すると、同じ品をより安く売るところが出てきた場合、また売れなくなってしまいます。
品物の値段はそこそこするけれど、その代わりにステイタスが得られるから、買っても惜しくないと思ってもらうことが大切です。

売れない商品に対する見方を変える

売れない商品に対しては、売っている側が無意識に「これは売れなくてどうにも仕方ない品物だ」と感じてしまっていることが多いのではないでしょうか。

売る側がそのような視点で見ていると、お客さんにもそれが伝わり、ますます売れない品になってしまいます。
仮にネットショップで売った場合でも、リアルで売れていないものをネットの取扱商品として紹介したところで、このネガティブな気持ちは変わらないことから、「やっぱり売れなかった」といった具合にネットでも売れない品になるのは明らかです。

そこで、商品を見る目を変え、魅力的に思える切り口はないかを探してみるようにします。
地味な洋服という言い方から、モノトーンの落ち着いた色合いの洋服という言い方に変えるだけで、かなり印象は違ってきます。
昔はよく食べられていたものの、今はさっぱり人気がなくなったというお菓子に対しても、レトロな雰囲気を思い出せる懐かしいお菓子と見ることで、過ぎし日々を懐かしく思う人たちにとって、ハッとする品になるでしょう。

ネットショップはプロに任せよう

リアルな店で売れない品は、ネットでも売れないということが分かった以上、リアルな品にステータスを与えて魅力を作ると同時に、これまで無意識にしていたネガティブな見方を変えて売る方法によって、売れる品にすることができます。
リアルな店で売るには、店員が品物に対する考え方や見方を変え、魅力を伝えることが解決策となりますが、ネットショップで売る場合も変わりません。
つまり、しっかりと魅力を伝え、さらに興味を惹くように写真や掲載文を工夫して売ることが、売れる品に変えるために最も効果的です。

まとめ

リアルで売れないものはネットでも売れない理由は、商品に魅力を感じてもらうような売り方ができていないことが、最大の原因であることが明らかになりました。

対面で販売するに当たっては、売れない商品に特徴と魅力を与え、それを伝える努力をすることが大事ですし、ネットでも同じです。
とりわけネットを利用した販売する場合には、サイトの運用から管理まで、全てを高いセキュリティで行っている、山梨のディープラスにホームページ制作をご依頼ください。
また、売れない品の対処方法を相談する場合やリアルで改革した方法を試す場合には、その方法を知っていただき、ホームページでの対策を当社が行いますので、ぜひご相談ください。

関連記事

  1. ホームページSEO

    ホームページへ制作をしたならリスクを分散するためにSEO頼みにしないよ…

  2. ブログ集客

    ブログを書くと集客できる?実際に成功したアクセスをお見せします

  3. 小さな企業でもホームページ制作

    少人数の企業ほどホームページが役立ちます

  4. ホームページ集客

    ターゲット属性を絞ってホームページ制作をすることが重要

  5. 山梨のホームページ制作

    柔軟な対応をしてくれる制作会社を選ぶことが成功へのカギ

  6. 山梨のホームページ制作

    ホームページを作って満足してる?間違った運用方法するとアクセスがゼロ